三鷹賃貸|武蔵野・三鷹エリアの賃貸不動産お部屋探し! 賃貸物件の設備・不動産用語のご説明

物件設備・不動産用語のご説明(手付金)

賃貸物件の設備や不動産用語等について簡単にご案内させていただきます

手付金

手付金とは、そもそも売買契約の際に買主が売主に支払う金銭(売買代金の1〜2割)のことで、特別に定めがない場合は解約手付と言う扱いになり、買主は手付金を放棄することで、売主は手付金の倍額を支払う(倍返し)ことで解約をすることができます。
以前は、賃貸でもこれを応用して入居申込みの際、借主に手付金を請求する大家さんや不動産業者がいましたが、手付金は契約が成立してから支払う金銭のため、入居審査が出ていない(まだ貸主の承諾がもらえていない)のに手付金を支払うのは変だと言うことでトラブルが多く発生しました。
また、預り金や申込み金などと言った名目でお金を預かり、事情が変わり契約を取りやめようとした時に、返金を拒む不動産業者などもいたため、東京都では特別な場合を除き申込金や預り金などは預からないように指導しています。
※預り金は必ず返金しなければならないことになっています。