三鷹賃貸|武蔵野・三鷹エリアの賃貸不動産お部屋探し! 賃貸物件の設備・不動産用語のご説明

物件設備・不動産用語のご説明(畳)

賃貸物件の設備や不動産用語等について簡単にご案内させていただきます

畳は日本固有の床材で1間×半間で1畳と表示します。この畳を敷き詰めた部屋を和室と言います。尚、日本の歴史の関係で1間のサイズと畳のサイズは以下の通り地域により異なったものとなっています。

京 間(1間=1910mm 畳サイズ=955mm×1910mm)
中京間(1間=1820mm 畳サイズ=910mm×1820mm)
江戸間(1間=1820mm 畳サイズ=880mm×1760mm)

中京間と江戸間は1間の寸法が同じなのに畳のサイズが異なります。
これは、西日本(京間)と愛知や岐阜(中京間)に日本の中心があったころは、畳を基準にして建物を造っていましたが、江戸時代になると、現在と同様に柱を中心に建物を造るようになったためです。柱の中心から寸法をはかり畳を敷き詰めるので、内寸が小さくなってしまったようです。
※他に団地サイズ(1畳=850mm×1700mm)もあります

三鷹で賃貸をお探しの際は、三鷹北口のエヌジェイ管理株式会社へお気軽にお問い合わせ下さい。