三鷹賃貸|武蔵野・三鷹エリアの賃貸不動産お部屋探し! 賃貸物件の設備・不動産用語のご説明

物件設備・不動産用語のご説明(宅建免許)

賃貸物件の設備や不動産用語等について簡単にご案内させていただきます

宅建免許

不動産業を営むためには、都道府県知事(他県にも事業所がある場合は国土交通大臣)より宅地建物取引業の免許を取得することが必須となっています。この宅地建物取引業の免許のことを宅建免許と言います。
宅建免許は、有効期間が5年間のため5年ごとに更新が必要となりますが、更新をしても免許の番号は変更されません。
更新後に変更となる個所は、免許番号の前にある「カッコ書きの番号」のみで、この番号は免許取得後(1)から始まり、更新ごとに(2)・・・と数字が大きくなっていくため、免許番号前のカッコ書きを見れば、その不動産会社がどれくらいの期間営業をしているのかがある程度分かる仕組みとなっています。