三鷹賃貸|武蔵野・三鷹エリアの賃貸不動産お部屋探し! 賃貸物件の設備・不動産用語のご説明

物件設備・不動産用語のご説明(連帯保証人)

賃貸物件の設備や不動産用語等について簡単にご案内させていただきます

連帯保証人

連帯保証人とは、債務者と連帯してその債務を実行しなければならない人のこと。
賃貸の場合で言うと、借主と連帯して家賃を支払うことを約束した人のことです。
つまり、借主が家賃を払わない(払えない)ときに、連帯保証人に直接請求がきた場合、「まずは借主に請求してほしい」と言うことができません。※単なる保証人とは違い、連帯保証人も借主と同様に、家賃を支払う義務を負っています。
賃貸の場合、「見ず知らずの人」に家を貸すことになりますので、将来の不安を取り除くために連帯保証人を必要としています。
まれに、親御さんなどから「連帯保証人ではなく単なる保証人ならなっても良い」と連絡が来ることがありますが、大家さんからすると、身近な人ですら借主のことを「ちゃんと支払いをしないのではないか」と思っているのでは? と感じてしまい、入居者審査で断られる原因にもなりますので、あらかじめ連帯保証人が必要であることをお話ししておくことをお勧めします。