三鷹賃貸|武蔵野・三鷹エリアの賃貸不動産お部屋探し!ご入居時のご案内

ご入居時のご案内

入居申込みから引っ越し(入居)が完了するまでを簡単にご案内します。

入居の申込み・契約手続き
気に入った物件が見つかったら
"入居申込み"をします。

気に入った物件が見つかったら入居の申込みをします。物件や不動産屋さんによって書式は異なりますが、「入居申込書」と言う書類に必要事項を記入して、大家さん(管理会社)に提出します。 大家さん(管理会社)はこの書類を見て入居を承諾するか否かの判断をします。これを入居審査と言います。 入居申込書には借主の内容(氏名、住所、電話番号、生年月日、勤務先または学校名、勤務先の住所、電話番号、勤続年数、業務内容、年収等)と 連帯保証人(一般的には親族で安定収入のある人とされています)の内容(借主の内容とほぼ同様のもの)を記入します。

ページ先頭へ
"契約に必要な書類"を手配します。

入居の申込み後、貸主の承諾が出るまでの数日を利用して契約の際に必要となる書類等を用意します。入居されるお客様の住民票や保証人様の印鑑証明証等が必要となりますので役所に行く時間が 取れそうもない場合は、役所に問い合わせて郵送申請等を利用すると便利です。 契約手続きに保証人様が同行できない場合は、不動産屋さんから保証人確約書(承諾書)を発行してもらいます。 この保証人確約書に署名捺印(実印)をしてもらい、印鑑証明証を添付して提出することで、保証人様が同行できない場合でも契約手続きが可能となります。 ※物件により必要な書類等は異なりますので、詳しくは営業担当までお問い合わせ下さい。

ページ先頭へ
貸主の入居承諾が出ましたら
"契約の手続き"をします。

貸主(大家さん)から入居審査の承諾が出ましたら、不動産屋さんから審査OKの連絡がありますので、契約の手続きに行ける日時を打合せします。 契約手続きの日は、予め準備しておいた書類とお金を持参(お金は振り込みの場合もあります)して契約場所に行きます。 契約の手続きは、物件の紹介をしてくれた不動産屋さんか管理会社の事務所で手続きをします。契約書は難しい言葉や聞きなれない言葉が多いため、不明なことは理解できるまで説明をしてもらいます。 契約書の内容が理解できましたら、署名、捺印をします。契約書の他にも火災保険の申込書や家賃の引落しの申込書等、署名が必要な書類が色々ありますので、理解できるように説明を受けた上で、 署名、捺印をします。準備しておいた、必要書類とお金を渡して契約の手続きは完了です。お部屋の鍵を受け取ります。

ページ先頭へ
引っ越しの手配・入居
契約の手続きが完了しましたら
"引っ越しの手配"をします。

契約の手続きが完了しましたら、引っ越しの手配をします。引っ越し業者さんに依頼する場合は、引っ越す場所や時期により金額も異なりますので、何社か見積りを依頼することをおススメします。 家族や友人に頼んで手伝ってもらう方法もありますが、レンタカーやガソリン代、御礼などで引越し業者さんに頼むよりも高くついてしまうこともありますので、よく検討のうえ依頼します。 引っ越し業者さんの手配の他には、役所に転出届けを出す(”転出証明書”を発行してもらいます。※これを持って新居先の役所に転入届けを出します。)、 郵便局に転居届けを出す(旧住所宛の郵便物を新住所へ転送してくれます)、新居のガス開栓の連絡をする(ガスは立会いで開栓しますので、必ず事前に連絡をしておきます。 ※旧住居を引き払う場合は同時に閉栓の連絡もします)、必要に応じて、電気・電話・水道・インターネットの使用開始等の連絡をします。 ※原則として、電気と水道は入居前から使用できる状態になっていますので、入居してから使用開始の連絡をしても問題はありません。 ※ガス会社の連絡先は、物件により異なりますので不動産屋さんへ確認してから手配をして下さい。  → 東京ガスの場合はこちらでも手配可能です

ページ先頭へ
新居への引っ越しをすませ
"入居"します。

いよいよ、新居へ引っ越します。新居での生活をスタートする初日となりますので、騒音や迷惑駐車等で近隣へ迷惑をかけないように注意し、夜遅くの引っ越しは避けます。 引っ越し後、荷物の整理等をしている間に、ガス会社の方が来て、ガスの元栓を開けてくれます。元栓を開けてもらうことで、給湯器も使用できるようになります。 ※ガス会社への手配を忘れてしまうと、給湯器が使用できませんので、お湯は出ません。 表札を出します。集合ポストがある場合は、必ず玄関と集合ポストの両方に表札を出します。※表札が無いと郵便物等が届かないことがあります。

ページ先頭へ
入居後の手配
入居して落ちつきましたら
"入居後の手配"をします。

入居して落ちつきましたら、入居後の手配をします。電気と水道の使用開始の届出をします。(新居に設置されている申込用紙に必要事項を記入して届出します。) インターネットやケーブルテレビ等の申込み手続きをします。インターネットの利用できる環境は、物件により異なりますので、不明の場合は不動産屋さんで確認をします。 近隣への挨拶をします。アパートやマンションの場合は、上下の部屋と隣の部屋くらいには挨拶をするようにします。大家さんが同じ建物や近隣に住んでいる場合は、必ず挨拶をするようにします。 ※挨拶の際にお土産がある必要はありません。(何か用意できるのであれば持参したほうが良いでしょう) 新住所の役所に「転入届け」を出します。旧住所の役所で発行された「転出証明書」を提出して手続きをします。※入居後2週間以内 新住居の所轄の警察署か運転免許センターで「運転免許証の住所変更」の手続きをします。銀行・クレジットカードやパスポート等も住所変更の連絡をします。

以上で、入居までの手配等は終了です。

ページ先頭へ
新居での生活を快適にお過ごし下さい。